ちぃずはうす

平成元年生まれ。元受付嬢、普通のアラサー女。

「受付嬢はニコニコして座っていれば良い。容姿端麗であればなれる。」は大間違え!?

f:id:chielog:20180308171425j:plain「受付嬢はニコニコ座っていれば良いんでしょ?」

「可愛ければなれるんでしょ?」

これ、100人に聞けば8割はそう思っていると思います。

でもそれは大きな間違えです!

こんにちは!chieです。

初めましてのあなた、いつもご覧頂いているあなた、ありがとうございます^^

 

冒頭にも書きましたが、 大多数の人は受付嬢は容姿端麗でニコニコ座っていれば良いと間違った想像をしています。

学生のお客様の中にも、「こういう受付の人っていいよね~」と言っているのを聞いたことがあります。

その子はどういう思いで言ったかはわかりませんが、そう思ってくれるのはこちらとしてはとても嬉しいです。

自分の仕事が褒められている!と思いますから。

でもそれを軽い気持ちで言っていたら、ちょっと待って!と言いたいです。

 

じゃあ、何が間違えなのでしょうか。

 

受付嬢はニコニコして座っていれば良い

これ、まさにその通りです。

むしろそうしてください。

「なんだ、やっぱりそうなんじゃん!」

と思いましたよね。

でも普通に考えてみてください。

これは接客業として当たり前のことです。

行き交うお客様を目の前にして、ムスッと口角を下げて座っている方が不自然ではありませんか?

そんな受付のお姉さんに声をかけたいと思いませんよね。

なので、ニコニコして座っているは、受付嬢として大前提のことなんです。

それ故に、受付嬢はニコニコして座っていれば良いという定義がついてしまったのかもしれません。

でもそう思われているということは、世の受付嬢はきちんと口角を上げ、ニコニコ対応している、という良い解釈が出来ますね。(無理矢理?笑)

受付嬢は容姿端麗であればなれる

あながちこれも間違えではないです。

「なんだよ、こっちも間違ってないじゃん!」

と思うのは待ってください!笑

企業やテナントビル、どこの受付嬢を見ても可愛い人、綺麗な人が多いですよね。

テレビの街頭インタビューとかで出てくる受付嬢のお姉さんも綺麗な人が多いです。

もしかしたら、容姿は採用基準に含まれているところもあると思います。

でも、可愛いだけ、綺麗なだけで、受付嬢として成り立つかと言ったら、

成り立ちません。

 

例えば、顔はとても可愛い。

でも、不愛想、所作が雑、髪がボサボサ、ハンドケアを怠っている

などなど…

そんな人が企業の顔として、第一窓口に座っていることは、企業の質を疑われてしまってもおかしくないと言えます。

人の第一印象は3秒で決まると言われています。

 メラビアンの法則によると、視覚情報は55%です。

↓↓メラビアンの法則↓↓

f:id:chielog:20180225174310p:plain

可愛い、綺麗に越したことはありませんが、清潔感があるか、背筋が伸びて立ち居振る舞いや所作が綺麗か、きちんとお客様の目を見て受け答えが出来るか。

これ、出来るようでなかなか難しいんです。

猫背の人に、「今日から絶対背筋曲げないで」と言われてすぐ直せるか。

普段していないのに、「今日から口角を上げて過ごして」と言われて過ごせるか。

普段の癖や習慣って、常に気を引き締めて気を付けていないと実行出来ないんです。

 

 私も元々猫背で、カウンターに立つ時座る時は、背筋を伸ばすように常に気を張っていました。

そのおかげで腰がめちゃくちゃ痛かったです…笑

ふとした時に、口角が戻ってしまったり、普段から気にしていないことを受付の場でずっとやれ!と言われても、なかなかみんな出来ないです。

その他、上述した所作が雑なんていうのは、ほとんどの人が初めは苦戦します。

資料を使ってお客様にご案内をする時、紙をおさえる指は全て揃っているか、手で方向を指し示す時に、指は全て閉じ綺麗に揃っているかなんて、普段気にしている人はいますか?

↓↓こんな風に↓↓

f:id:chielog:20180225180800j:plain

 街で道を聞かれた時に、ほとんどの人は「あっち」と人差し指で方向指示すると思います。

こういう普段している事は、受付嬢は通用されません。

同業他社の視察をした時、とても可愛くて愛想が良く、身だしなみもきちんとして言葉遣いも綺麗な受付嬢さんでした。

これだけを聞くとパーフェクトと思いますよね。

でも、残念なことが二つありました。

一つ目は、ハンドケア不足。指のささくれです。

細かっ!!と思うかもしれませんが、見ている人は見ています。

受付嬢は常に見られている!!んです。

せっかく素敵な受付嬢さんだったのに、本当にもったいないと思ってしまいました。

それを見つけてからは、私もハンドクリームは欠かさず、指先は念入りにケアをしていました。

そういう他人が細かいと思うところまで、受付嬢は気を配らなければならないんです。

二つ目は、ご案内内容。

その時は、「職場の先輩への退職祝いを探している」と問合せをしました。

問合せに対し、確かに取り扱っていそうなショップを2~3店舗ほど案内して頂きました。

しかし、それだけでは物足りなかったのです。

きっと普通の方なら、「探し回る手間が省けた!受付で聞いてよかった!」と思うかもしれません。

でもプロの受付嬢を目指していた私は、この回答では満足行きません。

では、この受付嬢さんのご案内には、何が欠けていたのでしょうか。

www.info-chie.com

こちらの記事でご紹介しています。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ここまで読んで頂き、受付嬢は意外と大変なんだと感じて頂けましたでしょうか。

ただ単にニコニコ座っていれば良いなら誰でも出来ると思います。

それ以上のスキルを持って、受付嬢は第一窓口に座っているのです。

でも、まだまだこれだけではありません。

受付嬢になるにはどんな人が向いているかをご紹介していきます。

 

↓↓よろしければ読者登録をお願い致します。↓↓