ちぃずはうす

平成元年生まれ。元受付嬢、普通のアラサー女。

遂に受付嬢に。楽しくも厳しい受付嬢ライフのスタート!

f:id:chielog:20180307163054j:plain

 さて、遂にA社C店へ入社を果たした私の楽しくもあり厳しくもある、受付嬢ライフがスタートしました!

こんにちは!chieです。

初めましてのあなた、いつもご覧頂いているあなた、ありがとうございます^^

頑張る糧になります!

応援よろしくお願いします^^

 

受付の人数は6名勤務。

同じA社の他部署で警備さん、設備さん、環境整備さんがいます。

親会社Z社の店長、営業さん、総務さんと、受付は他部署の方々と多く関わりがあります。

 

5日間、館内を巡回してショップ名と場所を覚える。そして最終日にテスト。

テストに合格するまでは、カウンターには立たず、制服も着られません。

合格を目指し、館内をぐるぐる。

暗記に良いとされている青色のペンでひたすらショップ名を書きまくりました。

 

結果は無事合格!

 

可愛い制服に着替えて、受付嬢デビュー!

カウンターに立ってから、覚えることは山のよう。

ショップの場所と名前を覚えただけでは、

「◯◯(商品名)はどこにありますか?」

といったお問合せには答えられません。

その為にはタイムテーブルに組み込まれている、巡回業務が大切になってきます。

今までは外からショップの雰囲気だけ見ていましたが、中に入ってどんな商品を取り扱っているのかをチェックします。

これはとても大切です!

データで確認が出来るように更新していますが、きちんと目で見ないと正確な情報をお客様にお伝えが出来ないんです。

それでいても、初めはわからないことだらけ。

「わからない」と言うことは恥ずかしいことではありません。

じゃあそのわからないをどうすれば良いのか。

調べればいいだけです。

初めて聞くショップの名前、商品、様々なことをお客様はお問合せにいらっしゃいます。

聞いたことがないからわかりません、で終わってしまったらとても不親切ですよね。

 

「もうここの受付では二度と聞かない。C店ってこんな程度なのか。」

と、思われてしまい兼ねないです。

そのような場合は、

「知識不足で申し訳ございません。お調べ致しますので、少々お待ち頂けますか?」

これで良いんです。

それできちんとお調べして、正確な情報をお伝えすれば良いのです。

もちろん、中にはお急ぎの方だったり、心無いことを仰る方もいらっしゃいます。

でも、いちいちそんなことにくよくよしていたら、受付嬢なんてやって行けません!

今の自分が出来ることを全力でやれば良いのです。

その先は経験を積めば、もっともっと出来ることが増え、自分に自信がつき、よりお客様満足度を高めることが出来てきます。

 

毎日覚えることだらけで、1年くらいは大変だったと思います。

私より9か月前に入った1つ上の先輩がとてもかっこよく見え、年齢も近い(当時私は21歳)のに、質問には的確な答えが返ってきたり、憧れの先輩でした。

そんな私にも1年後には後輩が入り、先輩になりました。

より一層気を引き締めて、受付業務に取り組んでいかなくては、と思っていた頃です。

受付嬢として、安定期に入り2014年春頃までは落ち着いていたと思います。

 

その後、急速に安定期が崩れて行きました。