ちぃずはうす

平成元年生まれ。元受付嬢、普通のアラサー女。

私が受付嬢になった理由。一度は不採用だったが、なぜ採用されたのか?

f:id:chielog:20180307162517j:plain

さて私、散々「受付嬢」と言っていますが、

正しくは「インフォメーション嬢」です。笑

それだと長いので、受付嬢にしています。

ではなぜ、私が受付嬢になったのか。

こんにちは!chieです。

初めましてのあなた、いつもご覧頂いているあなた、ありがとうございます^^

頑張る糧になります!

応援お願いします^^

【受付嬢になった理由】

そもそも、昔から「受付嬢になりたい!」とは思っていませんでした。

ブライダル業界が学べる専門学校へ進学し、

その頃は、ブライダルプランナーになることが夢でした。

ただ、2008年に起こったリーマンショックにより、

就活の時期2010年は、まさに就職氷河期とも言えるほどの就職難。

でも有名専門学校であり、ホテルへの就職先はまあまあありました。

ただ、ホテルよりも専門式場への就職を希望していました。

肝心なその専門式場の就職先がほとんどなかったのです。

とりあえず就職はしなきゃ、とホテルを受け、2社目で内定。

そのホテルは完全ファミリー、旅行者向けのリゾートホテルで、ブライダルとは程遠い…

入社した頃から、将来の希望が全くなかったです。

3週間程の研修を終え、配属先はベルスタッフ。

もう完全にブライダルとはかけ離れました。笑

毎日が憂鬱で、だらだらしててもダメだ、と思って5月に退職。

両親にも申し訳ないことをしたと思いましたが、その時の私は辞める以外の考えがありませんでした。

その後、転職活動開始。

事務は出来る気がしなかったので、接客一本。

ブライダル業界も探しましたが、プランナーは中途採用が多く、だんだん心が折れましたね。笑

 

そこで見つけたのが、受付嬢となるきっかけになった前職の会社でした。

(A社とします)

【不採用…でも採用】

先述した通り、受付ではなく、インフォメーションです。

A社は全国にある商業施設。

見つけた求人は、B店のスタッフ。

まずはWEBエントリーし、書類選考。

もちろん、履歴書には1ヶ月で退職したホテルも記載しています。

 

数日後、封書が届き…

結果は不採用でした。

なぜだかとても悔しくて、会ってもいないのに?!と思ったのが正直な感情でした。

くよくよしていても仕方ないし、次探そう!と思って、同じ求人サイトをポチポチ…。

*とらばーゆ/https://toranet.jp/

 

そうすると、今度はA社のC店の求人を発見。

再度WEBエントリー、書類選考。

志望動機欄に、

 

「B店は不採用でしたが、ぜひ御社のお役に立ちたい」

 

というようなことを書きました。

そうしたら、C店での面接を獲得!

 

面接では、本部の受付担当の女性1名、C店の所長、C店の受付リーダーの3対1。

とても和やかな面接でした。

30分程の面接後、DPI(適性検査)を20分行い、終了。

結果は10日前後、採用なら電話、不採用なら書面連絡とのこと。

 

ドキドキして結果待ちをしていると、

1週間程経った頃、携帯に知らない番号から着信。

その時は、A社だとは全く思っていませんでした。笑

 

「C店受付の◯◯と申しますが…」

 

この可愛らしい声!!

面接をして頂いた、C店受付リーダーからのお電話!

 

「ぜひchieさんと一緒に働きたいと思いまして」

 

B店が不採用だったので、内心かなり驚きで、

 

「え…?…え?!」

 

と、素っ頓狂な返事をしてしまったことをよく覚えています。

(その話を母にすると、怒られました。笑)

 

後々、本部の受付担当の方に話を聞いたら、

 

「B店不採用だったのにまた応募して来て、こんな熱意のある子絶対落とすわけない!

C店の雰囲気にもあってるし!」

 

と言われました。

 

要は、諦めずに駄目元でもやってみることが大切ってことですね!

 

その時の採用がなければこのブログも書いていないので、

私の人生を変えてくれた、と言っても過言ではないです!

 

ちなみに、DPI(適性検査)はマークシートで、A〜C評価なんですが、

私はA評価で、受付リーダーに

「ほとんど私と同じ回答だったから、同じ匂いがすると思った」

と言われました。笑

 

 

無事、2011年6月1日、A社のC店へ入社しました。

 

それから、私の受付嬢ライフがスタートします。

↓↓よろしければ読者登録をお願い致します。↓↓